So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

ホンダの粗悪品質は低下の一途を しかもとどまる様子さえ窺えない

2017シーズンも既に4ラウンドを終えているが、上位争いどころか中団グループにも遠く及ばず、及ぶも何もろくに完走さえしないHONDA製パワーユニット。

今回は、よりによって、ドライバー2人のうちの1人の母国大会で、従来にも増して致命的なトラブル発生-->パワーユニット交換。

l_82933505b824f4f89ed1dd015fe7c690-4.jpg

画像は次のモータースポーツメディアより。
AUTOSPORT.com -  Photo Gallery - Spanish Grand Prix Friday
http://www.autosport.com/gallery/index.php/id/3675


ホンダの劣悪品質はすさまじい。しかも、改善するどころか、悪化がとどまる様子さえ全く窺えない。

これは決して、巨大企業ホンダの中のほんの一部、F1関連技術者の問題どうこうと言っているわけではない。本田技研の青山、和光、さくらほか全般に渡る、傲慢な悪質さの象徴のようにも見えてしまう、ということ。

ここで少し話は逸れるのだが。ホンダの主力商品、現行フィットにおける5度にも至ったリコールは、ホンダの品質管理と企業体質=人材の総体的な傲慢を露呈した。その後、八郷社長新体制の下で全社的な品質カイゼンが図られたはずなのだが、殊F1に関しては全く機能していないように「傍目には」見える。

もちろん、商品の一区分のリコール問題がホンダという企業の総体であるはずがない。ましてモータースポーツビジネスの一区分がホンダの総体であるはずもない。こんな区分も全く認知しないようでは、それこそマンガ・アニメ・アイドル・ゲーム中毒のような、暴力的に幼児化した連中と同じだ。

とはいえ、他ならぬホンダ自身が主力の自動車商品で対象としている顧客の一部は、TVCMをまんまうのみにしたり、雑誌メディアにホイホイ食いつくような、それこそマンガ・アニメ・・・なDQN連中。こういった連中にとってホンダはホンダ、F1もジェットも汎用動力機もぜんぶHONDA。

ホンダが顧客を絞りでもしなければ、F1における粗悪傲慢品質と、世界に知れ渡った故障実績、そして汚名がそのまま自動車販売ビジネスの一部を致命的に破壊する。

いや、決して他者による破壊ではなくて、ホンダ自らの傲慢とズサン品質と他人のフリがもたらした自爆にほかならないが。


無論、ホンダに限らずとも。日本企業はとかく高慢で傲慢で、問題意識が低く対応が遅く、責任のなすりつけ合いで事態を悪化させることがままある。

ただ、そうはいっても他企業は、ホンダのような愚かな真似はしない。愚かな真似とはいったい何のことか!? 他企業であれば、リコールを何度も押し付けられた購買者をさらに侮辱するようなTVCM(*)を、何週間も垂れ流したりはしない。


* リコール連発の根源 操作性が低いばかりか停止さえ引き起こす粗悪変速機クルマ商品のTVCMで  

 「すーーーーーーーーーーーっ」  <--- それもBGMは花のワルツで


 「新しいフィットを・つくろう」  <--- リコールを繰り返した商品を現行ラインナップで販売中に


こんなすさまじい傲慢侮蔑・暴力行為が、社内の査閲・意思決定プロセスを通ってしまうので。


つまりホンダが、企業として/CSRとしてといった段のずっとはるか以前に、人としてカンゼンに終わっているということ。それはもう、太陽が東から上るよりも明らかであってとうに手遅れではあるのだが。

それにしても今シーズンのF1におけるトラブル・停止・悪燃費・低パフォーマンスの繰り返しの果てにさらに、こうしたパワーユニットの白煙を目にするに。あの、フィットのおぞましいCMの垂れ流し、を思い出さずにはいられない。



尚、ここでは、マクラーレンホンダF1がレースで速いか遅いか、などといった幼稚な話は全くしていてない。




Xperia Z3 Compact SO-02G のオレンジ色がMcLarenのそれに見えなくもない

ソニーモバイルより docomo Xperia Z3 Compact SO-02G

design_im.jpg


やや赤みが強めだが、McLaren F1の今シーズンのカラーに通じるところがある。
あるいは、単に似た色というだけなら Xperia A2 SO-04Fのオレンジ色の方が近いかもしれないが、SO-04Fは少々マイカのような細かい反射がある。
尚、このスマートフォン商品は数年前のものだ。現行でもこんな色があったら驚く。あるいは神社関係の人が持っていたら鳥居の色のようで違和感がないかもしれないが。




フェルナンドアロンソがIndyへ

興味深いニュースがひとつ。次はAutosupots.comより

Fernando Alonso to race in 2017 Indianapolis 500
http://www.autosport.com/news/report.php/id/128926/alonso-to-race-in-2017-indy-500

佐藤琢磨も所属するアンドレッティチームとのコラボレーションで、タロッコオレンジの車体を走らせるようだ。F1 Monacoと日程が重なるが、F1で今シーズンのタイトル争いに絡めないことは既に明白であるので支障は無いらしい。AlonsoのIndyに対する関心がこうも高いことも存外だったが、なるほどHONDAならではのオプションではある。一方、Monaco GP はMclaren HONDAにとってPUの弱点が表面化しにくい希少な機会であるはずだが、AlonsoにとってはIndy挑戦よりも優先度が低いということになる。現状では、McLaren HONDAが急激に改善したとしてもほんの数戦先のMonaco GPでトップ2チームを脅かすまで躍進するとは大変考え難いので、尤もといえば尤もではあるが。

また、こうなるとF1 Monaco GP でのAlonsoの代役は当然Buttonということになろうが。アンバサダーへの機会提供としてMonaco以上の舞台があるはずもない。なるほど、これほどの妙案、AlonsoにIndyを持ち掛ける着想を得た人物とはいったい誰であることか、たいへん興味深い。

Andretti Autosport
https://www.andrettiautosport.com/

FERNANDO ALONSO TO RACE AT INDY 500 WITH McLAREN, HONDA AND ANDRETTI AUTOSPORT
https://www.andrettiautosport.com/news/fernando-alonso-to-race-at-indy-500-with-mclaren-honda-and-andretti-autosport

 

追記:

話題作りかどうかという話ではあるが、事の発端はZak Brawnのようだ。HONDAは彼に足を向けては寝られまい。

 

 次は McLaren F1 のTwitterより。この画像のドライバーはAlosnoではなくVandoorneだが、Indyでも同様のカラーリングだろうか。

C832R3eXsAAIt2X.jpg

https://twitter.com/McLarenF1

 

 


Tarocco Orange に装いを変えた McLaren F1

McLaren-Honda_MCL32_2.jpg

この画像だけで見るとかなり渋めのオレンジ色だが、発表会の動画で見るとずっと赤みがかった複雑な色合いにも見える。McLaren によればこの色は、同社の自動車商品の一部にも採用している Tarocco Orange なる色であるようだ。

ところで、 タロッコオレンジとはどのような品種であることか? 日本でも宇和島で生産されているらしい。次にJAうわじま南のホームページから。

 http://www.blood-orange.jp/kind.html

kind_mainimg.jpg 

広い意味ではブラッドオレンジの一種、イタリアの Sanguinelli という品種の変種だそうだ。この画像の場合は、オレンジの断面の左上は Tarocco種、下は Moro種だそうだ。この時期に流通しているかどうか定かでないが、今度探してみたいと思う。

McLaren HONDA
http://www.mclaren.com/formula1/team/


岩礁破壊ばかりでなく原発まで計画する中国

ここまで来ると、あまりの傲慢な愚かさに対して呆れ果てる、という段をはるかに通り越して微塵の失笑さえ漏れないが。

中国の洗脳メディアが伝えるところによると、スプラトリー諸島かあるいはこの近辺、東南アジアの海のド真ん中に移動式原発を作るとかどうとか。

 AFP 中国、南沙諸島に海上原発の建設計画か 国営紙報じる
2016年07月15日 16:06 発信地:北京/中国
http://www.afpbb.com/articles/-/3094105

さすが中国共産党の一党独裁傲慢とこの奴隷国民(*)。裸のキングダムを世界中に炸裂させている。

まぁ、軍事基地の電力供給のついでに、挑発かこれに近い程度の幼稚な駆け引きのツモリではあるのだろうが、周辺諸国のみならず、世界に対するすさまじい冒涜だ。さすが中国。

 * 中国の共産党独裁やこの情報統制にまんまと洗脳されている自立性皆無の一部市民を指してのこと。中国の市民の皆さん全員を指してのことでは、決してない。

 

 


VWの妊婦さんを使ったCMがどうにも

フォルクスワーゲンの自動車商品、ポロの日本市場向けTVCMの話です。

お腹も大きくなってきた妊婦さんが、ご主人と思しき連れの男性と一緒に街中でタクシーを探す光景。男性がタクシーを見つけて乗ろうと言うが、妊婦さんはタクシーを見て不安がる。そこへVWポロが通りかかって、妊婦さんは

 「アレがいい。」

タクシーはイヤで、ポロがいい、というCMストーリー。

何とも、視聴者に対する印象操作がかなりショボいCMだが。印象すりこみがショボいCMというだけならば他にいくらでもあることで、特に珍しくはない。

このCMについて特筆すべき点は、タクシーとポロの比較、という印象操作のたいへんな悪質さ。CMの最後では、妊婦さんと連れの男性がポロの後席に座って安心した様子(ふう)が映されるがしかし!? 実際のポロの後席は恐ろしく狭い。

あるいはこれが、日本女性の20代の平均身長(158.2cm)程度ならば妊婦さんでも座って余裕もあるかもしれないが、TVCMで印象付けられるような欧米(?) の人にとってはどうか!??

図録 平均身長の国際比較

http://www.suku-noppo.jp/data/world_average_height_girl.html

日本はもとより他国にあっても、どちらかといえばだいぶ小柄な女性でないと、VWポロの後席はかなり厳しい。ましてCMに映されるのは妊婦さんだ。多少狭くても、きちんとした姿勢が体が収まればいいというものでは到底ない。

VWポロというクルマ単体でも見ても大いに疑問を抱くCMだが、このCMの場合は「タクシーと比べてポロのほうがいい。」というすり込みであるのでさらに悪質だ。日本にあってタクシーに使われるような車両、クラウンコンフォートでもフーガでもそれこそプリウスタクシーでも他でも、ポロより狭いタクシーなど皆無だ。

 タクシーのような室内空間優先の車とはまったく反対の、見た目の虚勢優先で後席を狭くしたVWのポロ、しかもわざわざ急を要する妊婦という設定を使ったTVCMは、悪質を通り越してたいへんに醜悪な悪意があると見做さざるを得ない。ディーゼルエンジンで全社的な燃費詐欺をやらかしたフォルクスワーゲンだけのことはある。実性能を偽装するのだから、TVを通じたバレバレの詐欺など、何の異論もなく会議を通過するのだろう。

 

あるいは事実無根の印象操作を狙うなら、某社のように宇宙からクルマが飛来するCMのほうが相対的にはマシだ。あれはあれで糞ショボイはクソショボいが。

 

 


美しい脚

美しいとはこのような脚のこと。程よくふくらんだ腿、脹脛、締まった足首の均整。

巷のダイエット詐欺ビジネスや、ファッション洗脳乱売ビジネスに見られるような、怠慢と不摂生も露骨な棒のような "びきゃく" は、洗脳まみれな本人はご満悦かもしれないが、周囲はドン引きだ。

 img_cfd64db60b63cab0742c17fd367b88fb117113.jpg

 

 

 



ずっと一面的な見方しかできなかったので感動


素人が見ることができたからどうということは無いが、これまでごく一面的な見方しかできなかったのに、別の面が見えることにちょっと感動。



この国がUN安保で常任理事国



言論による批判に対して実力行使な暴政国家が、安全保障理事会において拒否権を持つという狂気的事態。いや、何を今さらだが。

体制批判に圧力を加えようとする行為、これは、世界の歴史をさかのぼれば第二次世界大戦以前の暴挙であるが。すなわち中国共産党一党独裁政府は、かるく70年は時代を逆行しているということだ。あまりにも恥ずべき行為だが、ことさら面子を重要視する中国の一部の慣習は、中国共産党には一切関係がないようだ。

 

 


保育園落ちた日本死ね!に群がる情弱がヤバイ

群がってたかるのが、ごく一部のジコチューママとかDQN親だけならともかく。

 

 情弱まるだし国会議員

 この議員の所属政党

 FNNをはじめとするテレビ(キー局)

 新聞雑誌ネットメディア

 

中には慎重な見方をしつつ言及、程度のメディアもあるが、概して酷い。

というのも「話題のブログ」は、何しろ「私の子供が0歳で保育園に入れない日本死ね!!」という暴力的発想の日記のみならず、他の日記も異常極まりないおぞましさだからだ。芸能、ゲーム、そして不倫、言及する内容の多くが暴力的短絡、傲慢と罵倒であふれかえっている。

にもかかわらず、民主党の議員はわざわざ国会で、それも予算委員会で首相を引っ張り出し、 おぞましい内容を隠ぺいした上で「保育園落ちた日本死ね!児童手当は20万円にしろ!!」のネタだけを質疑に利用した。

この行為は極めて悪質であって国会議員として著しく不適切であることはもちろん、社会人として、人として論外だ。

いや、残念ながら、醜悪で犯罪的な議員はこれまでにもいるにはいたので、公害ではあるが、今さら驚くようなことではないかもしれない。

 

とはいえ、STAP細胞騒動で猛省したはずのメディアやジャーナリストが、暴力的な話題性にまんまと食いつき、偏向的な情報を無分別もあからさまに垂れ流す様は、公害を通り越して害悪、視聴者や読者に対する背任行為にも近い。そうでなくても、担当者は小学生にも劣るようなリテラシーだ。

 

無論、待機児童の問題や、保育士の就労条件改善をはじめ育児施設の健全な維持には、相応の社会的取り組みが必要だ。とはいえ、社会的な取り組みの根拠に、おぞましいまでの傲慢と暴力があっていいはずがない。

こんな当たり前のことを、集団で盲目に踏み外す日本の社会(の一部)に、ただならぬ恐ろしさを感じる。

 

 


マツダロードスター MX-5 RF のデザインが酷く不格好

タブロイドの引用で何だが、デイリーメールから。

From hairdresser to hard-nut: Mazda's new MX-5 RF with a Transformer-like roof that could convert much-loved car's image

http://www.thisismoney.co.uk/money/cars/article-3505804/Mazda-s-MX-5-RF-Transformer-hard-roof-convert-sportscar-s-image.html

このニュースから、画像を1枚引用させていただくと。

Dailymail

一気にオモチャっぽくなった。ここまで酷くなるとは意外だった。

誤解のないよう書くが、個人的にNDロードスターのデザインに対しては好意的だ。リアのランプだけは致命的にショボイとは思うが、フロントは悪くないと思う。フロントはあまりに愛らしいので過日わざわざ、こんなblogエントリを書いたぐらいだ。http://kurinote.blog.so-net.ne.jp/2014-09-10

いや、私の好みだからって普遍的に素晴らしいとは言っていないし、クルマとして有用かどうかはさらに全く別の話だ。まして、売れるか売れないかだったら売れないであろうとさえ思う。それでも、

  DQNに媚びてナンボ コドウ夜露死苦デザイン

系の商品とは比べ物にならないぐらいマシ。NDロードスターならば商売上「デザインウンヌン」をうたってもいいかもしれない。

しかしまさかまさか、RFでこうもブサイクに変わろうとは。せっかくのデザインも崩壊だ。もちろん、これがイイと言う人もおられようが。NC-RHTのような仕組みを期待していた人は残念なことだ。

もとより、部分的な造形はともかくとして全体では、DQNロングノーズ+短足ローライズであるので、RHT化にそもそも無理があることはお察しできる。つまり、顔だけはステキ!でもトータルでガッカリ君。

 

そして何よりも。ソフトトップで不都合=屋根付き車庫を確保できない程度の経済状況であるならば、所得をクルマに振り向けるよりずっと以前に、他に向けるべきことが無数にある。

 

 

 


中国消費者の節約志向が招く「修羅場」

ロイターから 中国消費者の節約志向が招く「修羅場」
http://jp.reuters.com/article/angle-china-consumers-retailers-idJPKCN0WK103

話としてはおそろしく単純で、もうずっと以前から非常に可能性が高いと見られていたことが至極当然に発生するだけのことです。

しかし、殊この日本においては深刻な事態。何が深刻か!? 中国が日本にとってのアメリカとほぼ同じ規模の輸出相手、などという一般常識な話ではありません。世界において中国景気の減速の影響が甚大だから、という中学生レベルの話でもありません。

日本の市民が傲慢で油断していてさらに無責任コトナカレ他人事であるので、「あまりにもマヌケに危険」だということです。



F1であれば無事だが公道なら即死+周囲に甚大な被害

年末の深夜に集団化する連中のような昭和な暴走族の話でなく、自動車メディア業界とメディアの信者達の向けの話。また、ゲームやマンガや雑誌をサルマネな幼稚ナルシストも含む。

オーストラリアGPの序盤に大きなアクシデントがあった。F1なので相応に高速だったが、車両とコースの安全対策もあって、アロンソは大事に至らなかったようだ。グティエレスも成績としては気の毒であるが、無傷で何よりだった。

ちょうど昨今、新たなドライバー保護装置の導入が検討されているようだが、バーを設ける程度で隙間スカスカな中途半端なものではなく、ドライバー頭部周辺を覆うタイプのものを採用してほしいところだ。

McLaren MP4-X
http://www.mclaren.com/formula1/inside-the-mtc/mclaren-mp4-x/
slide-9-v1.jpg

 

それから、今回のアクシデントは大事に至らなかったが、これはスポーツとして管理されている現場だからこそ。

一方で、一般の交通の、自動車メディア業界のナルシストによる暴力運転の被害は甚大だ。あるいは、たまたま人命が巻き添えにならなかったにしても周辺の家屋設備や道路を破壊する。

被害は破壊だけではない。事故処理には警察や消防の税金を大量に使う。裁判ともなればさらに。もちろん、人を償うにもモノを償うにも、保険を通じて無事故の保険者が納入した金が使われる。事故が増えれば保険料が上がる。

自動車メディアギョーカイジンとこの信者の行動は、極めて傲慢な危険行為であり、おそろしく幼稚にワガママな迷惑行為。そして、サルにも遠く及ばないDQNオナニーの露出狂状態。







謝罪を呼びかけるクリスチャン・ホーナーを少し見直した



予選はメルセデスワークスチームが有り余る速さを見せ、目を引く場面はフライスペックほども無かった。実のところは知りようもないが、今シーズンも他を全く寄せ付けないのでは!? と思わせるほどだった。

水を開けられた競合他社だが、とりわけ無計画で無責任で傲慢な本田技研は案の定、やっとまる1年前のあるべき水準に届いたかどうか!? という程度。メルセデスとはゆうに2秒以上の大差。この醜態ではよりいっそう欧州市場向けのホンダブランド低下は免れない。

ま、日本市場においては、カスタムカーで暴走珍走なモータージャーナリストDQN中年とネットDQNが「ホンダ遅ぇ」と罵るぐらいで済まされようが。


本題。東南アジア原産の飲料を少しテイストを変えて広告すりこみ世界で大儲け!!なレッドブルレーシング代表、クリスチャン・ホーナー氏。この人物もほとほと傲慢なのだが、オーストラリアGPの予選の惨状についてはたいへん謙虚であるようで、ほんのちょっとだけ見直した。

Christian Horner: F1 owes fans apology for Australian GP qualifying shambles
http://www.espn.co.uk/f1/story/_/id/15014912/christian-horner-says-f1-owes-fans-apology-australian-grand-prix-qualifying-shambles


ホンダの傲慢コトナカレ経営陣と引きこもり園児ニア達も、"最低限ギリギリ"このぐらいの謙虚さはあっていいと思うのだが。予選の結果を踏まえ、

 ボクのせいじゃないもん前任者のせいだもん
 前任者だっていっしょうけんめいがんばったもん発想

を少しはあらためる気になっただろうか。「ボクたちのF1活動」の原資のために世界中で働く、膨大なホンダの人々の名誉には泥をぶちまけておいて、「ボクのセンパイの名誉のために」発想。それも、泥掃除はまったく手つかずどころか掃除の見込みも全く明らかにできないにもかかわらず。こういった傲慢幼稚ぶりが、ホンダにますます泥を塗っていることは言うまでもない。

さておき。第1戦オーストラリアGPのここまでで最も印象深い点は...非常に悪い意味での話で何なのだが


 ハミルトンがキモくて酷い


これに尽きる。F1出たてのころは活気あふれる青年だったのに、いつからこうなった。

 

 


そりゃあ中国企業なら汚職や腐敗なんてアタリマエなのだろう



他ならぬ、中国共産党一党独裁政府でさえ、中国国内の汚職や腐敗の摘発をしているぐらいなので、そりゃあ中国企業なら汚職や腐敗なんてアタリマエなのだろう。むしろ腐敗の資金源に積極的に加担しても全く驚かない。

いや、これは中国じゃないどこかの国ならばクリーンで腐敗とは無縁だなどとは決して言ってない。程度問題だが、私の知る限りではジャップ企業の一部の腐敗より、中国企業の一部の腐敗のほうが圧倒的に傲慢だというだけのことだ。Wanda Group がクリーンで、FIFAの浄化にも協力してくれるならそれに越したことはない。



一党独裁情報統制な国や軍事政権オススメ韓流ドラマ



日本のドラマもかなり低品質で中には害悪なものもあると思うので、"ブンカ"の異なる他地域の未見の作品について、作品そのものを称賛も批判もそんな意図は全く無い。

が、共産党による一党独裁&情報統制&文句を言うジャーナリストは拘束な中国や、タイの軍事政権がオススメな作品となると、いったいどれほど偏向的であることやら?と疑問は抱く。

残念ながら、世界の一部の傲慢な人々は全く見て見ぬふりであるようだが、過去の戦争、いわゆる侵略や殺戮は "富" や "利権" を奪うために "国" や ”宗教” の枠で起こっているので。愛国という閉鎖的で偏った発想こそ、諸悪の根源と言っても過言ではない。

もちろん、他人や社会を軽んじていいというわけではないし、国という行政単位や仕組みを短絡に否定するものでもない。

 "愛国のためにどの作品を見ろ"

という姿勢が、過去の大きな過ちを何も反省していないようにも見えるということだ。


尚、念のため重ねて書いておくが、日本の映画・ドラマもほとほと酷いし、アニメ・マンガに至っては表現の自由を方便にした妄想のテロ、のような作品も全く珍しくないので。「我がニッポンのどの作品がすばらしい!!」 などとは微塵も言っていない。


まずは、目を開いて周りの人と社会を見るところから、という話だ。




だんご

ふと食べたくなったので。

だんご - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A3%E5%AD%90


450px-Tsukimi,moon-viewing-party,japan.JPG

画像もWikipediaから引用。



NHKの農業女子番組が酷かった

NHK、慶応の金子氏そしてパネリストの面々ごっそり、ご発想が四半世紀遅れている。男女の差別意識があまりにも酷く、オトコがどう、オンナがどう。男女偏見もすさまじいが、農村においてどの慣習はこうだから、誰がこう言うから「農業女子なアタシ」はどう。協調性と自立性の欠落もほとほとジコチュー、レッテル思考な様子が、まるで学びの遅すぎる小学生だ。

とりわけ害悪であるのは進行役で、番組の最後に

「結局、男性の意識が問題かもしれない。」

絶句ものだ。差別意識がおそろしい上に、浅はかな二極化の一方に問題をなすりつける。もう、愚かとかそんな程度ではない。悪質、どこまでも視野狭窄で幼稚ジコチュー。さらに「アタシ」「女子」に引きこもり。

傍らに慶応の教授がいてもこんなもん、と言うより慶応がショボイのであってさらに言うならばバ官僚的傲慢だということだが。


戦前戦後じゃあるまいし。現在の農業における肉体的負荷では、農業に従事する男女間の差異は何も無い。最大の障害は「男女の差別意識」であって、これを撤廃すること無しに議論は成り立たない。「農業女子ガー」「女ガ」「オトコが」という発想そのものが諸悪の根源。しかしNHKのクソ番組は、進行役・パネリスト揃いもそろって男女差別まる出しのボヤき垂れ流し大会。

あまりにも幼稚であって、こんなにも「ギロンのフリ」では、問題解決にはそれこそ四半世紀かかっても足りないであろう。



The big news around McLaren-Honda.



AFPの日本語版はまぁ、日本向けだからということもあろうが。これについては Skysports が F1 のコンテンツでこんな言及を。

McLaren, meanwhile, were five seconds off the pace but did at least enjoy solid reliability as Fernando Alonso recorded 71 laps. The big news around McLaren-Honda earlier was confirmation that Arai is standing down as the head of Honda's F1 team.

新井氏の退任がびっぐにゅーす、はぁ。

ま、成績不振でさらにブランド失墜というかますますの悪評拡大な懸念は今後も続きますが、一方で、傲慢で見苦しくて幼稚で浅はかなプロジェクトリーダー@本田技研役員・専務の稚拙で高慢なセリフが世界に配信されなくなったなら、大きな安堵です。

これを、昨年の夏に対策しない時点でホンダが如何に無神経で危機感が無く傲慢かというものですが。


それにしても。テストが始まってまだ僅か2日とはいえ、マクラーレンのバトンアロンソ、テクニカルエンジニアさらにはホンダの後任者まで誰も彼も、コメントが業務的にジェントルそれでいてパワーユニットのポジティブな一面についてひと言も語りませんので、今シーズンのホンダF1パワーユニットが如何に終わっていることかと。

マクラレーンは既に、WECで最強を誇るVW(*1)に乗り換える布石も打っていますし、早ければ来期にも契約が打ち切りになるかもしれません。ホンダはホンダで、水面下で他の有力チームへの供給その他を周到に準備しないでは、企業としてあまりにも幼稚というものですが。もっとも、ホンダが幼稚でなかったらそもそも昨シーズンのビジネス上の大失態を招くはずもないので、相当の懸念がぬぐえません。


尚、ここは、F1パクリネタ&ホンダの失態も何でもかんでもネタにしてアクセスを稼ごうというコピペDQNサイトや、自動車メディアDQNギョーカイでひと言モノ申すなDQN評論家K氏のような発想ではありませんので念のため。


それに、既にホンダの汚名は地球を何万ラップしたか知れませんのですっかり手遅れです。さて、今後どのように汚名を濯ぎ、欧州をはじめとして世界的に失墜したブランドイメージ(*2)を引き上げる...ことができるかどうか!? 2016シーズン...はアヤシイかもしれませんがともかく期待です。

などと一応書いてみるものの、今となってはもちろん、ホンダの技術力など全く期待できるはずもありません。これはネガキャンでも何でもなく、ここ数年で商品においてやらかした数々のズサン品質や、ここ数年でマーケティング(F1やGT含む)においてやらかした悲惨な結果などの

 " 相応に "

信用ならない、というだけです。もとより技術力どうこうのはるか以前に、

 社長以下~研究員の末端まで 幼稚ホンダのバ官僚ゴーマンお役所体質のカイゼン

がずっと先です。いえ、決して、工場労働者や販売店まで含めたホンダまるごとのハナシでは決してありませんのでこれも念のため。


もちろん、ホンダF1の好成績は願ってます。ついでに書いてしまうなら McLaren に対しては特に何も願っていません。好成績を願うのはホンダF1、です。



本田技研工業株式会社 フォーミュラ・ワン 2016年体制
http://www.honda.co.jp/news/2016/c160223b.html

McLaren Formula 1 – Official Website
http://www.mclaren.com/formula1/



*1 WECでVWが最強とはいっても、競う相手がいない中での最強ですが。


*2 ブランドイメージとは言っても、モータースポーツにまんまと毒されるような幼稚で浅はかで時に悪質な連中にとっての"ぶらんど"であって、企業の価値総体ではありません。こまめからホンダジェットまで手かげつつ太陽光は放棄したホンダを、たかがレースごっこのひとつふたつで判断しようはずもないのですが。ま、DQN連中はクソ幼稚なのでイチイチ釣られてショボイですね。



東芝から金属製筐体の外付けHDD

東芝から。

ポータブルハードディスク「CANVIO[トレードマーク] PREMIUM」の発売について
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/company/news/news-topics/2016/02/storage-20160219-1.html

日本の美かどうかはさておき、安かろう悪かろうがたいへんに酷いPC関連商品にあって、こういった商品があってもいいのだろうと思います。が、実際の商品を確かめたわけではないので「広告倒れ」かもしれませんし、そうでないかもしれません。

そもそも、この「日本の美」は Made in Japan なのか!? というハナシもあるのですが、万が一日本製でなかったら一瞬の冷笑さえ浮かびません。


尚、PC向けにはソリッドステートディスクが増えつつある昨今いまさらハードディスク!? という見方もあるとは思うのですが。SSDの販売元が言うところはビジネス向けでやっと3年保証、そんな程度です。既にPC販売各社がビジネス・コンシューマ両方の市場に商品を出している以上は相応のテストがあるとはいえ、バックアップ無しでは使えません。ビジネスであればシステム部門が相応のしかけをしてくれていることでしょうが、プライベートでHDDバックアップは必須です。



中国共産党の行為は領有権主張ではなく「軍事的威嚇行為」


スプラトリー諸島にミサイル配備を進める中国共産党一党独裁な政府。


中国が南シナ海の島に地対空ミサイル配備、緊張高まる
http://jp.reuters.com/article/southchinasea-china-usa-idJPKCN0VQ04G


70年前の他国の軍事的行為を批判する中国が、着々と軍事的威嚇、中国共産党独裁と、この支持者の厚顔無恥ぶりは、もはや世界の恥という程度。

それでいて中国国内向けには情報統制、気に入らないメディアは強権発動。メンツについてことさら過敏な中国の一部の人々が、このマフィアのような行政をいったいどんな目で見ていることか。世界の恥という以前に、中国国内で恥の上塗りだ。





種の90%以上が死に絶える悲劇

16万羽のうち15万羽が死に至った、ということは。東洋人にたとえるなら仮にざっと20億人いるとしてうち19億人弱がほんの1-2年で死んだ、ということですが。

大地震、ハリケーン、TUNAMI、大干ばつその他、人類がこれまで経験したどんな災害とも全く比較にならないおそろしい事態が、アデリーペンギンに起こっているということで。

で、この気候変動をもたらしたのは、日本が排出する各種ガス!? それともアメリカのそれ!? いやいや中国のそれ!? 中国の一人当たり排出量は、日本やアメリカにはまだまだ及びませんが。やがて日本やアメリカ並みになったその時はもうほんの十数年後でしょうが、いったいどんなことが人類に降りかかってくることでしょうか。






ヤマザキのリッツとオレオが生産終了

「ヤマザキのリッツとオレオ」と書きましたが、厳密に商標としては「ナビスコリッツ」「ナビスコオレオ」でしょうか。とはいえ、日本で実際に製造販売しているのはヤマザキでなので、ここではヤマザキのリッツ・オレオを指しての話です。

ヤマザキにあっては、ナビスコブランドのいくつかの商品について、ライセンス契約が解消されるようです。必然的に製造販売も終了となるとか。実際のところはどうか知りませんが、ヤマザキとナビスコブランド保有企業双方の発表を見る限りでは欧米的に軽薄な美辞麗句が散りばめられているので、円満解消であるようです。また、一部のウワサによるとヤマザキは長年の提携関係により、リッツ、オレオ等の後継商品のビジネスを認められているとかいないとか。

私や私の周囲は誰ひとりリッツもオレオも全く食さないので、ナビスコブランドがどうなろうが知ったことではありません。が、ヤマザキパンの経営に影響が出るのは少々困ります。あくまで個人的に困るだけですが。

それに、パンはカロリーが高いだけでなくて血糖値の上昇も早いので、学生当時のようには食せません。ヤマザキはもとより、「焼き立ていかがですか!」な評判のオシャレパン屋なんて論外です。まして、成人女性が食欲も露骨にパン中毒な様子は、見苦しいというほかありません。もちろん、パンそのものは全く見苦しくありませんしパンには何の非もありませんが。




サウジアラビアの糖尿病(発生)率を日本人は笑えない

傲慢な日本人に対する皮肉の意味でこのようなタイトルとしたが、他人のふり見て…という話。

次はロイターから。

コラム:4人に1人が糖尿病のサウジ、原油安が医療予算を直撃
http://jp.reuters.com/article/saudi-healthcare-breakingviews-idJPKCN0VB04G


慢心と怠惰の結果がたいへん恐ろしい事態に。

それでも、既に莫大な医療費で世界最悪の借金を膨らませている日本国民に比べれば、"財政問題の一面"に限っては、サウジははるかにマシだ。日本国民の見て見ぬふり、日本そのものの深刻な病巣と痛みを知らんぷりするツラの皮の厚さは尋常ではない。


マクロな惨事はさておき。

糖尿病は、本人の苦痛はもとより多大な不幸をもたらす。私の親類の一人も、暴飲暴食-->肥満-->糖尿病と絵に描いたような転落で、家族に金銭・労力・時間・そして心の負担と不幸をもたらしている。不幸の拡散は家族や周囲ばかりではない。健康に努めている他の国民にも保険料の形で大きな負担を強いているので、本人の苦痛は悲惨ではあるが、周囲への被害を考えれば贖罪には全く足りない。



会話のマナーさえ中学生以下の料理人を「おもてなしのプロフェッショナル」扱いするNHK

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀
http://www.nhk.or.jp/professional/


来店した顧客に対する話し方が傲慢不遜、顧客が料理を称える感想を述べても斜に構えたまま、頭骨はかくっと下げるも礼はしない、マナーの欠片もない料理人を「プロフェッショナル」だそうだ。NHKが如何に無知で礼節無視であるかというものだが、NHKの慢心と厚顔無恥はこの番組に限ったことではない。




違法駆除を減らすために合法的に駆除



250頭のうち50頭を駆除すると。人間が対象であったら壮絶なテロ・虐殺だが、人間が他の動物に振り回す分にはこの程度の非難を浴びる程度。たいへんに酷い、しかし難しい問題だ。



ホンダジェイド

極端な偏見と思考の硬直がおそろしいまでに幼稚な自動車業界メディアにおいては、あまり評価されないホンダジェイド

JADE-Hybrid.png
* 画像は "Hybrid" についてフロントグリルをオプション変更。

最大4人で利用する限りにおいては悪くない商品です。また、後席足元が広く、さらに後席がスライドできることが美点です。

それから、私個人は全く求めませんが、内装はかなりごーじゃすな雰囲気を備えています。メルセデスやBMWと同じ商売の手口です。どこのメーカーのどの車の中をどれほどごーじゃすにしたところで、くつろげる度合いはビジネスホテルのシングルにも遠く及ばないわけですが、ま、人それぞれ趣味の域ということで。


ほかにも美点はあると思いますが、残念ながら、消費者向けにはほとんど伝わっていません。ホンダのデザイナーがあまりにもナルシストジコチューで現実から目を背けていることと、販売/広報戦略がバ官僚体質コトナカレであるようなので、伝わらないのも全く致し方ないところです。

まして、消費者にクルマネタを広めようという自動車メディア業界は、それこそ暴力的に幼稚なDQNばかりですから。読者に媚びる風でいて中身はユーザ視点からかけ離れたキモオタ発想・ボクのさいきょうバカイセツばかり。


さておき、見る人が見れば掘り出し物なジェイドです。
JADE-Hybrid_2.png
* 画像は "Hybrid" についてフロントグリルをオプション変更。

ただこのクルマ、重量は1.5トン超とかなり重めです。様々な側面から重いクルマは避けたい(*)ところですが、この重量そのものは同じ趣向のメルセデスやBMWと変わりません。むしろ、レクサスの無分別デブっぷりに比べたらかなりマシです。

*車両が重ければ重いほど、サスペンションにもブレーキにもタイヤにも路面にも負荷がかかって悪いことだらけです。燃費や運動性能の面においては言及するまでもありません。


ともあれ、自動車業界バカ殿メディアではたいした評価がなされないされないジェイドですが、意外にも一見の価値はあろうかと。

JADE-Hybrid_3.png
* 画像は "RS" についてフロントグリルをオプション変更。




キヤノングローバル戦略研究所・研究主幹の不毛な妄想放言

たいへん酷いコンテンツは、ロイターのこちら。

視点:TPP農業対策が不要な訳=山下一仁氏
http://jp.reuters.com/article/view-kazuhito-yamashita-idJPKBN0UL0QB20160113

キヤノングローバル戦略研究所、研究主幹とのことだが、稚拙な妄想まみれとでも申し上げるほかない。

もちろん日本の農業に根本的な改革は必要だ。とはいえ、これが如何に困難を伴うか。キヤノンの事業に例えるなら、オフィスビジネス部門を捨てて別事業に活路を見い出せというぐらいの難題である。

もとより、日本の政治において農業対策をしないようにすべきだと主張するならば、国民が自由民主党政権を選んだ時点で話は終わっている。歴史的にも公約的にも、農業分野の対策をしないことなど起こりえない。もしも安倍政権がこの研究主幹の言うような政策に踏み切ったならば、それは最早暴政にほかならない。

この研究主幹の言うところは、あまりにも幼稚で妄想的で不毛な放言であり、中身が全く無い。仮にもキヤノンの名を関する企業であれば膨大な情報を活用できるはずだが、それでいて発想の根底は、地方のショッピングモールできゃりーぱみゅぱみゅのようなファション談議で「アタシが何が似合う似合わない」な女児程度の、発想の狭さ。


これが、グローバル、ストラテジーでインスティテュートな企業が、(名前だけは)世界的なメディアに寄せるコラム。





前の30件 | -